銀行系クレジットカードは審査が厳しいと言われています。 クレジットカードでもショッピング系・消費者金融系などは比較的審査に通り易いと言われています。

ショッピング系のクレジットカードの審査も、誰でも審査に通るという訳ではありませが、インターネットのネットショップで使えるクレジットカードは、会員募集の意味もあるので審査を厳しくしすぎると会員が集まらないというジレンマもあります。
銀行系クレジットカードは審査が厳しいのは、将来、住宅ローンや自動車ローンの利用者と考えれば、最初で利用者を絞っていくのはメリットでもあるのです。

つまり、クレジットカードで延滞をするような人は最初に断ってしまったほうがいいと言う訳です。

もちろん、審査基準はどのクレジットカード会社でも全ては公開していません。 利用条件として一見して分かるのは、年齢でしたり年収の設定までです。 (※参考:クレジットカード審査通過のポイント)

他の審査基準はあえて明かしていないのがほとんどです。 クレジットカードの申込には氏名、生年月日、郵便番号、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号などが必要になります。 公的資料番号というのは運転免許証や運転経歴証明書、健康保険証、パスポート、外国人登録証明書などになります。

クレジットカードの審査基準には他にも職業もあり、国家試験に合格しなければ就けない職業であれば評価ポイントも高くなるのは当然です。

ですから、難易度が高い国家試験の合格者であれば、審査に通り易いのは当然ということになります。 銀行系クレジットカードは審査が厳しいと言っても、個人の信用度合いが高ければ経済的な信用度だけが基準ですので、クレジットカードを申込むことを過度に心配する必要はないでしょう。

クレジットカードを利用した際に利用する決済用の銀行口座を、銀行系クレジットカードと提携している銀行口座にしておけば、審査に通り易くなるのは当然です。

他にも源泉徴収票、納税通知書などのコピーなどの収入証明書の提出などが必要になる場合が高いのも、銀行系クレジットカードの特徴です。