18歳以上から申込めるゴールドカードにMUFGゴールドカードがあります。

申し込み資格が「原則として18才以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方」とあるのでかなり本気でゴールド会員を増やそうと考えているのだと思います。 ゴールドカードの申し込みというと30歳以上というところも普通ですから、18歳以上というのは初めてのクレジットカードでも条件さえ満たせばどんどんゴールドカードを発行するという姿勢です。

なぜゴールドカードが18歳以上でもいいということになったのか考えてみますと、優良顧客の早期囲い込みということが考えられます。
ゴールドカードを持ちたいと思っている人で、利用条件を満たしているのであれば年齢というのは条件にならないというのは合理的な考えです。 もともとクレジットカードは、顧客の信用度を審査して利用を許可していいかどうか決めているので、信用情報には個人情報が含まれますが、もともと人種や性別、思想や人種、保健医療、犯罪歴などの項目はありません。

信用というのはあくまでも経済的な信用のことですし、経済的な信用があれば年齢という属性がそう高くないことが分かります。 18歳でもしっかりとした収入があれば、年齢を理由に審査を通さない理由はないと考えても不思議ではないでしょう。 MUFGゴールドカードの審査は1週間から2週間掛かると、オンライン入会申込みでも説明がされています。 当然、銀行系のクレジットカードですから三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などに銀行口座を持って欲しいという思惑もあるでしょう。

MUFGゴールドカードの審査基準がどういうものかは類推するしかありませんが、利用可能枠が10万円から200万円、そのうちキャッシングサービスが最大10万円までしか認められていません。

MUFGゴールドカードの審査に通ってゴールドカードを持てるようになっても、キャッシングの枠はほぼ普通のカードと持つのと同じなのです。